憲法改正

安倍晋三首相は憲法記念日の5月3日、「2020年の施行」と期限を明示して憲法改正実現に強い意欲を示した。自民党は、秋の臨時国会までに党の具体的な改正案をまとめる方針。内閣支持率が下降に転じる中、改憲論議は思惑通りに進むのか。

安倍改憲が直面する3つのハードル:国会情勢、世論、解散権との見合い竹中 治堅

内閣支持率が急落する情勢の中、安倍晋三首相は「2020年施行」という憲法改正スケジュールを堅持できるのか。筆者は、支持率の好転がなければ「首相は(衆院を解散して)政権を維持するか、憲法改正かの選択を迫られる、憲法改正にこだわると、両方を失うリスクすらある」と指摘する。
more

日本国憲法:その特異な歩みと構造ケネス・盛・マッケルウェイン

敗戦後の占領下で制定された日本国憲法。筆者はその歴史や構造、国民の憲法に対する受け止め方が、諸外国に比べて「異例なもの」と指摘。安倍晋三首相が示している論点については、憲法に手をつけなくても実現可能との見方を示した。
more

「憲法改正」とどのように向き合うか井上 武史

「憲法改正は是か非か」——。改憲論議はこれまで、対立する枠組みを中心に語られてきた。だが、憲法改正への向き合い方は、それだけとは限らない。筆者は、日本国憲法の特徴や現在の問題状況を踏まえた上で、冷静で客観的な議論が必要だと指摘する。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告