宮 一穂
  • 宮 一穂 MIYA Kazuho
  • 署名記事数:3 最終更新日:2013.01.08
nippon.com 副編集長。京都精華大学教授。東京大学教養学部卒業。『中央公論』編集長を7年半務める。2006年より現職。著書に『古典読むべし 歴史知るべし』(ミネルヴァ書房/2005年)。
大天井岳2013.01.08

正月4日。つまみをいくつかならべ、新聞をよみながらビールを飲みはじめていた。ひとよりはやい6時からのいつもの夕飯。テレビのニュースは流れているが、聞くだけ。と、そのテレビから「長野県の北アルプスのダイテンジョウダケで、登山をしていた男女2人が、悪天候のため身動きが取れなくなっている・・・」。ぽつり独り言、「オテンショウだろうが」そのまま飲みつづける。「7時のニュースでは訂正するだろう」と、これは黙…
more

『邱飯店のメニュー』の哲学2012.06.13

邱 永漢 さん1924年、日本統治下の台湾・台南で、台湾人の父と日本人の母の間に生まれる。旧制台北高等学校、東京帝国大学経済学部卒業。大学卒業後の1946年、台湾に戻ったが、中国国民党政府に対する台湾独立運動に関与し、1948年に香港に亡命。その後、再び日本に移り、1956年に亡命生活を綴った小説『香港』で直木賞を受賞して以来、作家、経済評論家として活発に執筆・講演活動を行った。ビル経営などの…
more

地図を見なくなった日本人2011.12.02

「ご郷里のほうは大丈夫でしたか」。3月11日の東日本大震災の後、何度となく人からそう尋ねられた。「ええ、盛岡は内陸ですので、おかげさまで被害はありませんでした」。お見舞いの言葉にたいしてはこう答えるほかはない。もちろん心中は複雑である。なにしろ被災県の非被災市(しかも県庁所在地)なのだから。 そのうちに分かってきたことがある。かなり多くの人たちが、東北地方の地図をイメージできていない。各県の位置…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告