大庭 三枝
  • 大庭 三枝 ŌBA Mie
  • 署名記事数:2 最終更新日:2017.08.07
東京理科大学教授。1968年生まれ。専門はアジアの地域主義・地域統合を中心とした国際関係論。国際基督教大学卒、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。東京大学大学院助手、東京理科大学准教授、南洋工科大学(シンガポール)客員研究員、ハーバード大学日米関係プログラム研究員等を経て現職。著書に『重層的地域としてのアジア』(有斐閣、2014年)『アジア太平洋地域形成への道程―境界国家日豪のアイデンティティ模索と地域主義』(ミネルヴァ書房、2004年、大平正芳記念賞・NIRA大来政策研究賞受賞)など。
変容する日ASEANパートナーシップ:東アジア地域秩序の基軸に2017.08.07

東南アジア諸国連合(ASEAN)は8月、発足50周年を迎えた。アジアの国際情勢はこの間、冷戦終結や中国の台頭など目まぐるしい変化を遂げた。日本・ASEAN関係も、近年は政治・安全保障分野の協力強化が重要課題となっている。
more

中国主導AIIBをめぐる視点:日本は加盟に向けて動くべき2015.05.26

中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)参加に慎重な日本。しかし、中国の多国間アプローチの意図を見極めつつ、AIIBに積極的に関与するのが大国としての日本の責務ではないか。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告