佐々 淳行
  • 佐々 淳行 SASSA Atsuyuki
  • 署名記事数:3 最終更新日:2015.04.16
初代・内閣安全保障室長。1930年東京生まれ。東京大学法学部卒業。国家地方警察本部(現警察庁)入庁。警視庁警備第一課長の時に東京大学安田講堂事件を担当、警察庁警務局監察官の時に、あさま山荘事件を担当。警察庁警備課長、三重県警察本部長、防衛庁官房長、防衛施設庁長官を歴任。1986年に初代の内閣安全保障室長に就任。89年に退官後、著書多数。
「安全神話」は国を滅ぼす——「宗教」という日本の陥穽2015.04.16

オウム地下鉄サリン事件があったにもかかわらず、驚くことにカルト団体の監督者は文部科学省。治安当局は宗教団体である限り指一本触れることができない。日本に国民を守る「国家」は甦るのか。
more

「安全神話」は国を滅ぼす——無視され続けた原子力事故への備え2015.04.15

日本には、核・原子力事故にも、生物・化学兵器テロにも備えがない。なぜなら、これらはあってはならないことになっているから。国民向けキャンペーンの建前を守るため、政府や専門家まで現実から目を背け続ける日本の驚愕の実態を、危機管理の第一人者が暴露。
more

「安全神話」は国を滅ぼす——霧の中に隠し続けた原子力のリスク2015.04.14

教訓となる事件・事故がどれほど起こっても、日本の危機管理に進歩はなかった。「安全神話」がすべてを覆い隠してしまうからだ。中でもはなはだしいのが原子力。3.11で最悪の危機が現実のものになるまで、問題を直視するきっかけはいくつもあった。しかし日本は国として逃げて回った。警察庁警備課長として関わった原子力船「むつ」迷走航海以来、日本の主要原子力事故を間近に見てきた危機管理の第一人者が、日本の原子力安全…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告