佐藤 優
  • 佐藤 優 SATŌ Masaru
  • 署名記事数:4 最終更新日:2016.12.17
1960年東京都生まれ。作家・元外務省主任分析官。日本外務省切っての情報分析のプロフェッショナルとして各国のインテリジェンス専門家から高い評価を得た。イギリスの陸軍語学学校でロシア語を学んだあと、モスクワの日本大使館に勤務し、クレムリンの中枢に情報網を築きあげた。著書に『国家の罠』『自壊する帝国』(いずれも新潮文庫)など多数。
包括・戦略的関係に歴史的な前進—日ロ首脳会談2016.12.17

日ロ首脳は2日間の会談で、北方領土における共同経済活動などで合意した。一方、領土問題では明確な進展がなかったため、日本メディアは総じて悲観的ないし懐疑的な論調を展開した。これに対し、ロシア専門家の筆者は会談を「成功」と捉える。
more

順調な滑り出しの日ロ首脳会談2016.12.15

注目の日ロ首脳会談が始まった。予断は許さないが、筆者は「順調な滑り出し」とみる。2日間、両国トップによる膝詰めの話し合いで、どのような進展があるのだろうか。
more

北方領土に本気で取り組み—安倍首相2016.09.03

安倍首相は、日露首脳会談の直前にロシア経済分野協力担当相を新設し、ロシアとの経済協力を深化させることで、北方領土問題の政治決断に向けた環境を整えようとしている。北方領土交渉について何が話し合われたかについては厳重に秘匿されているが、ロシア問題の専門家である筆者は、今後の交渉おいて1956年の日ソ共同宣言の存在に注目し、12月の首脳会談で、北方領土問題の突破口が開かれる可能性があると見ている。
more

ソチ会談で動き出す日露関係 —領土と経済の「抱き合わせ販売」—2016.05.07

ロシアの黒海に臨む保養地ソチで5月6日、安倍・プーチン会談が行われた。この日露首脳会談には、アメリカのオバマ大統領が「G7の結束を乱す」として強い難色を示していただけに、国際社会からも高い関心が注がれていた。ロシア情勢の分析で高い評価を得ている佐藤優氏に、ニッポンドットコムのために緊急の分析を寄せていただいた。日本語とともにロシア語でも記事を掲載する。
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告