ポップカルチャーは世界をめぐる

モノづくりへの情熱が生んだ大衆文化

世界でブレイク中の日本のポップカルチャー。その多くは、グローバル市場を意識して作られたわけではない。それらは、作り手やユーザの徹底的なこだわりによって生まれたもの。そうした事例の数々を紹介しよう。

お笑い芸人・鉄拳がパリ公演 新作『SLIDE』をプレミアム上映

毎年フランスで開かれる日本ポップカルチャーのイベント「ジャパンエキスポ」。18回目となる2017年は、お笑い芸人・鉄拳が参戦。新作動画『SLIDE』フルバージョンのプレミアム上映を行った。
more

漫画「キャプテン翼」を翻訳したシリア人、カッスーマー・ウバーダ

2017年1月から、人気サッカー漫画「キャプテン翼」シリーズの漫画単行本が、アラブ首長国連邦を中心にアラビア語圏で販売を開始した。初版本の一部は、シリア難民の子どもたちに寄付されている。翻訳を担当したのは日本に留学中のシリア人、カッスーマー・ウバーダさん(27)。翻訳の経緯や苦労について話を聞いた。
more

漫画家・安野モヨコの全仕事を振り返る展覧会「STRIP!」

「働きマン」や「さくらん」などで知られる漫画家・安野モヨコ氏の20年超におよぶ作品を展示した「STRIP!」が開催中だ。「これまでの歩みをありのままに晒(さら)す」という意味をタイトルに込めた展覧会だ。
more

オーケストラでよみがえる永井豪アニメの世界

漫画家・永井豪氏原作の「デビルマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」などのアニメは、テーマソングが印象的なものばかり。それらの曲をオーケストラが演奏する初のコンサートが開かれる。永井氏本人にアニソンが持つ力とコンサートについて聞いた。
more

OTAKUの祭典—コミックマーケット90

近年、来場者数は横ばいだが、それでも50万人以上が来場するコミックマーケット。国内最大、世界でも有数のOTAKUコンベンション。コミケが巨大イベントになるまでの歴史と変貌を振り返ってみた。
more

30年にわたる勇者たちの冒険を体感!「ドラゴンクエストミュージアム」

シリーズ10作品を数える人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」。その発売30年を記念して、「ドラゴンクエストミュージアム」が開催されている。
more

フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2016」 フォトギャラリー

マニアの数だけガレキ(ガレージキット)はある。さあ、君も君だけのガレキを見つけよう!
more

フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2016」

売る方も買う方も、やっぱりみんなマニアだった! ガレージキット・フィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2016サマー」が今年も幕張メッセで、熱く、熱く、開幕!!
more

BABYMETAL世界を席巻—マーティ・フリードマンが語るその魅力

ヘビーメタル出身のギタリストでありながら、J-Popをこよなく愛するマーティ・フリードマンが、BABYMETAL旋風が世界の音楽シーンに及ぼす影響を解説する。
more

鬼太郎のまち境港市で水木しげるをしのぶ

2015年11月に死去した水木しげるは、多くの妖怪を生み出した漫画家として知られている。出身地の鳥取県境港市は、彼の妖怪ブロンズ像や作品にちなんだアトラクションを通じて多くの観光客を呼び込んでいる。
more

さよなら、ナルト—世界一愛された忍者

国内はもちろん、海外で熱狂的な人気を誇るマンガ『NARUTO -ナルト-』が、11月10日、「週刊少年ジャンプ」での15年にわたる連載に終止符を打った。作者の岸本斉史氏に、『NARUTO -ナルト-』にかけてきた思いを聞いた。
more

きゃりーぱみゅぱみゅ 越境する「カワイイ」

2012年に大ブレイク、2013年も海外を巻き込んで快進撃を続ける「きゃりーぱみゅぱみゅ」。この突然変異型ポップアーティストが行く先々では、外国人も「カワイイ」を連発する。一体この現象は何なのだ!?
more

ネット世代の漫画家、筒井哲也がフランスでウケる理由ローラン・ルフェーヴル

2012年の仏「ジャパン・エキスポ」で、出版社の大プッシュを受けて強烈に目立った若手漫画家・筒井哲也。最新作でソーシャルネットワーク時代の不安を鋭く描いた新世代の奇才に現地ジャーナリストが迫った。
more

漫画家・猿渡哲也 フレンチ・オタクに男気を注入!ローラン・ルフェーヴル

フランスで毎夏恒例となった日本文化の祭典「ジャパン・エキスポ」。“カワイイ”を合言葉とするポップカルチャーが席巻するこのイベントで、男気を前面に押し出した異色のゲスト、漫画家・猿渡哲也にフランス人マンガ評論家が迫った。
more

北京が萌える「日本動漫」小林 さゆり

日本のサブカルチャーが中国でも人気だ。中国語にはアニメとマンガを総称した「動漫」(ドンマン)というユニークな造語がある。北京の有名大学で開かれた「日本動漫」のイベントなどを通じて、根強いブームの秘密に迫った。
more

ゲーム大国のヒミツ Part 2多根 清史

世界のポップカルチャーに大きな影響を与えた日本のゲーム機が逆境に立たされている。日本のゲームの未来はどうなるか?
more

翼と日本漫画文化が世界中で愛される理由岩本 義弘

日本のサッカーブームに火をつけ、世界各国でアニメ放映され、数多くのサッカー選手に影響を与えた『キャプテン翼』。原作者の高橋陽一氏に、翼くんの誕生秘話や日本ポップカルチャーの人気の秘密を聞いた。
more

オタク文化、海外へ

日本のマンガやアニメ、ゲームを中心とする「オタク文化」が世界に広がっている。東京、名古屋、そしてパリ。この夏3都市で開催された「オタク・イベント」を通じ、世界を席巻しつつあるポップカルチャーに迫る。
more

ゲーム大国のヒミツ Part 1多根 清史

任天堂のファミコンやDS、ソニーのプレイステーションなど、世界のポップカルチャーに大きな影響を与えた数々のゲーム機。なぜ、日本からこうしたゲーム文化が誕生したのか?その秘密に迫る。
more

ニッポンのゲーム37年史を学ぼう!

2012~13年のゲーム史の新たな軌跡を追加!世界のポップカルチャーに大きな影響を与えた数々のゲーム機。ファミコン登場前から現在まで、日本ゲーム史を彩ったハードとソフトを詳細年表で振り返る。
more

G-SHOCK、その人気も壊れない

1983年の誕生から28年。世界各地の山、海、空、砂漠、そしてもちろん街中でも、人々はG-SHOCKを使っている。あせることない人気の秘密は、強靭さと機能性を徹底的に追求した開発者の職人魂にある。
more

かわいくなければスマホじゃない!

若い女性たちがいつスマートフォンに移行するのか?——これが今、日本の携帯電話業界の最大の関心事となっている。背景には、彼女たちが支持する“Kawaii”へのこだわりがあった。
more

指先で色彩を奏でる ロッカクアヤコ

指先に直接絵の具を付け、下描きなしのキャンバスに色彩豊かな世界を描き出す気鋭のアーティスト・ロッカクアヤコ。国籍、老若男女問わず誰からも愛される作品の数々——その魅力に迫る。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告