[ニュース]米に5.7兆円投資=トランプ氏に表明−孫ソフトバンク社長
[2016.12.07] 他の言語で読む : ENGLISH |

【ニューヨーク時事】ソフトバンクグループの孫正義社長は6日、ニューヨークのトランプ・タワーでトランプ次期米大統領と面会し、同社が米国の新興企業などに500億ドル(約5兆7000億円)を投資する方針を伝えた。5万人の新規雇用が生まれるとしている。

トランプ氏は面会後、孫社長をタワー1階のロビーまで見送った。ツイッターに「マサ(孫社長)は、われわれが選挙で勝たなければこのようなことは決してしないと言ってくれた」と投稿、自身の成果としてアピールした。

ロビーで報道陣の取材に応じた孫社長は、トランプ氏には共通の友人を介し、自ら面会を申し込んだと説明した。世界規模のIT投資を目的に10月に設立を発表した10兆円規模のファンドから、今回の資金を出すという。

さらに、トランプ氏の経営者としての実行力に期待を示した上で「規制が緩和され、米国がもう一度ビジネスをする国として、いろいろなチャンスが出てくるだろう」と話した。

ソフトバンクは2013年、米携帯電話大手スプリントを買収。その後、スプリントを通じた米同業TモバイルUSの買収を試みたが、米規制当局の承認が得られず、断念した経緯がある。

規制緩和を公約に掲げる新政権下で、ソフトバンクが再びTモバイルの買収を目指すとの観測も一部にあるが、孫社長は「そのことについては、きょうは話していない」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2016.12.07]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告