[ニュース]任天堂エリア、20年オープン=投資額、500億円超−USJ
[2016.12.13] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL |

大型テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)は12日、任天堂の人気キャラクターが登場し、ゲームの世界観を再現するテーマエリアを2020年にオープンすると発表した。同年夏の東京五輪開催前の開業を目指す。投資額は500億円超に上る見通し。

テーマエリアの名称は「スーパー ニンテンドー ワールド」。「マリオ」など任天堂の人気キャラクターが多数集まり、最新鋭技術を活用した乗り物のアトラクションや、ショップ、レストランなどを設置する。新エリアは駐車場と拡張用地の一部を使い整備する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

(R) & (C) Universal Studios & Amblin Entertainment. (C) & (R) Universal Studios. All rights reserved. Nintendo properties are trademarks and copyrights of Nintendo. (C) 2016 Nintendo.

  • [2016.12.13]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告