[ニュース]天皇陛下、サウジ国王と昼食=皇居
[2017.03.14] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية | Русский |

天皇陛下は14日、来日している サウジアラビアのサルマン国王を皇居・御所に招き、昼食を共にされた。

陛下は、正午すぎに御所に到着した国王を玄関先で出迎え、握手を交わした。国王は通訳を介し、「第二の故郷である日本を訪れることができ、大変うれしく思っております」と伝えた。

昼食会のため御所を訪れたサウジアラビアのサルマン国王(左)を出迎えられる天皇陛下=14日、皇居・御所[代表撮影](時事)

特区で企業進出促進=脱石油へ協力プラン-日・サウジ

日本とサウジアラビア両政府は13日、産業多角化やインフラ、エネルギー、医療などの多分野でサウジの改革を日本が支援する経済協力プラン「日・サウジ・ビジョン2030」を公表した。経済特区設置などを柱に、日本企業の進出を促進する。

日本政府はサウジが進める石油依存経済からの脱却を支援し、互恵関係を深めることで、原油の安定調達や日本の成長戦略につなげる考え。両政府は東京とリヤドに拠点を設け、共同プロジェクトの実行に向けた体制を構築する。

具体的な共同プロジェクトでは、日本企業のサウジ進出を後押しするため、特区設置による税制優遇や規制緩和などの事業環境整備に向けた調査を開始。サウジ側は日本人に対するビザ発給の円滑化に取り組む。

人工知能(AI)やビッグデータを活用する「第4次産業革命」分野では、共同投資を視野に市場調査を実施する。日本企業が現地工場を新設することで、サウジの製造業のサプライチェーン(供給網)構築も支援する。日本郵便はインターネット通販による個人輸入の基盤づくりでサウジ側に協力する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.14]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告