[ニュース]情報衛星打ち上げ成功=レーダー5号機、H2Aで−鹿児島
[2017.03.17] 他の言語で読む : ENGLISH |

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日午前10時20分、政府の情報収集衛星(IGS)レーダー5号機をH2Aロケット33号機で鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げた。衛星は約20分後に分離され、予定の軌道に投入された。打ち上げは成功した。

IGSは1998年の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて導入された事実上の偵察衛星で、内閣衛星情報センターが運用する。悪天候や夜間でも観測できるレーダー衛星2基と、晴天時に撮影可能な光学センサー衛星2基の計4基体制が2013年に確立し、地球上の全地点を1日1回撮影できるようになった。

政府は撮影機会を増やすため、レーダー、光学の各衛星を2基ずつ増やすほか、データ中継衛星2基を加えた10基体制の構築を計画。現在はレーダー、光学衛星3基ずつの計6基が運用されている。レーダー5号機は11年に打ち上げられた同3号機の後継で、全体的に性能が向上している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.17]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告