[ニュース]東芝赤字、過去最大1兆円=米WHが破産法申請−海外原発撤退を加速
[2017.03.30] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية |

東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)は29日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨーク州の破産裁判所に申請した。これに伴いWHは東芝の連結対象から外れ、東芝は巨額損失の原因となった海外原発事業からの撤退を加速させる。WHに対する債務保証の引き当てなどで、東芝の2017年3月期(今期)の連結純損益の赤字は1兆100億円(従来予想は3900億円の赤字)に拡大する可能性がある。

国内製造業の赤字額では、日立製作所が09年3月期に計上した7873億円を上回り、過去最大となる。

東芝の綱川智社長はWHの破産法申請を受けて東京都内の本社で記者会見し、「(東芝の)健全経営への第一歩として、海外原発事業のリスク遮断を確実にしていく」と強調した。

東芝の影響試算では、今期末で債務が株主資本を6200億円上回る大幅な債務超過に陥る。銀行が重視する純資産ベースでも3400億円の債務超過となる。債務超過からの早期脱却に向けては、29日を1次入札締め切り日とした記憶用半導体メモリー事業の売却で、2兆円規模の資金調達が不可欠となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.30]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告