[ニュース]「しらせ」が南極から帰港=観測隊活動の支援終え−東京・晴海
[2017.04.11] 他の言語で読む : ENGLISH |

南極観測隊を支援している海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」(1万2650トン、大鋸寿宣艦長)が10日、南極での活動を終えて東京・晴海埠頭(ふとう)に帰港した。

しらせは、昨年11月11日に日本を出発。第58次観測隊ら約80人を経由地オーストラリアで乗せた後、昭和基地沖で接岸した。食料や燃料などの物資計1000トン以上を送り届けたという。

調理担当として乗船した松本由香2等海曹(34)は「氷が薄くスムーズに接岸できた」と振り返った。バレンタインデーには観測隊員にケーキなどを振る舞ったといい、「任務を全うできほっとした」と笑顔を見せた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.04.11]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告