[ニュース]ソニー、約30年ぶりレコード生産=愛好家に広がり
[2017.07.01] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME、東京)は29日、約30年ぶりにアナログレコードの生産に再参入すると発表した。静岡県内にあるディスク製造子会社の工場に、レコードの溝をつけるプレス機1台を導入した。自社以外のレコード会社も含めた受注を目指す。

SMEは、CDの普及で需要が減ったレコードの生産を1989年に終了。しかし近年、中高年に加えて若い世代にもレコード愛好家の裾野が広がっていることから、同社は「ブームになってきている」(広報担当者)とみて再参入を決めた。

日本レコード協会によると、2016年のレコード生産数は79万9000枚で、統計開始以来最も少なかった09年(10万2000枚)の約7.8倍に拡大した。レコード特有の柔らかい音が再評価され、国内の女性人気アーティストらもレコードで作品を発売していることから、「若い世代で興味を持つ人が増えているのではないか」(広報グループ)とみている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.07.01]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告