[ニュース]ねぶたや肥後ツバキ=マンホールカード、8月から第5弾発行
[2017.08.01] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | Русский |

マンホールのふたに描かれた地域独自のデザインを楽しめる「マンホールカード」の第5弾の配布が8月1日から始まる。28都道府県50市町村などの52種類があり、青森(ねぶた)、熊本(肥後ツバキ)、大分(佐伯城)の3県は初めて発行。第1〜5弾を合わせた発行枚数は90万枚となる。

カードは縦8.8センチ、横6.3センチ。表にマンホールふたの写真と設置場所の経度・緯度、裏にデザインの由来が記載されている。下水処理場や市役所、観光案内所など決められた場所に行けば、原則1人1枚を無料で受け取れる。

第5弾には、東京都葛飾区生まれのキャラクター「モンチッチ」や、広島県呉市の戦艦大和のカードなどがある。配布場所は「下水道広報プラットホーム」のホームページ(http://www.gk-p.jp/)で確認できる。

これで46都道府県の222種類が発行され、発行されていないのは鹿児島県のみに。第4弾までのカードを掲載した初の公式本も27日に発売された。国土交通省の担当者は「夏休み期間中の旅行のついでに集めてみては」と呼び掛けている。

8月1日から第5弾の配布が始まるマンホールカード。青森市のねぶた(写真右)や熊本市の肥後ツバキ(同左)などが描かれている=28日、国土交通省(時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.08.01]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告