[ニュース]若狭氏、「日本ファースト」設立=小池氏と連携、年内新党目標
[2017.08.08] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL |

小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員は7日、衆院議員会館で記者会見し、自身が代表を務める政治団体「日本ファーストの会」を設立したと発表した。若狭氏は次期衆院選に向け、同会を足場に小池氏と連携して国政新党づくりを進める意向で、政治塾「輝照塾」設立も発表。同会の動向は、求心力低下に苦しむ安倍晋三首相の衆院解散戦略や野党再編の行方に影響しそうだ。

日本ファーストの設立は7月13日付。若狭氏は「有権者は自民党でも民進党でもない政党を求めている」とした上で、「国政新党は年内の早い段階でつくるべきだと思う」と述べた。

国政新党への小池氏の参画については「直ちに代表になることはない」と述べ、当面の代表就任を否定しつつ、「改革の志を全国に広めていくことは一致している」と強調した。「政治団体の名前に『ファースト』を使うことは小池知事も『結構だ』という話になっている」とも語った。

また、若狭氏は「自民党の受け皿について強く情熱を持って考えている人と協議を進めていく」として、民進党離党を表明した細野豪志前代表代行らとの連携に意欲を示した。「これからの政治は幅広い人材の下で行われていく必要がある」とも語り、政治塾の塾生から、国政新党の立候補者を選ぶ考えを明らかにした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.08.08]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告