[ニュース]5兆2500億円、概算要求へ=過去最大、ミサイル防衛強化−防衛省
[2017.08.23] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

防衛省は22日、2018年度予算の概算要求について、過去最大の5兆2551億円とする方針を固めた。前年度当初予算比2.5%増。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対応するため、防衛態勢を強化。海洋進出を強める中国への対応を念頭に潜水艦建造費なども盛り込んだ。

弾道ミサイル防衛(BMD)の目玉として、米国が開発した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」導入を要求。額を明示しない「事項要求」とし、年末までに具体額を確定させ、18年度予算案に反映する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.08.23]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告