[ニュース]アニメ聖地88カ所を認定=「君の名は。」の飛騨など-訪日客呼び込み町おこし
[2017.09.02] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية | Русский |

アニメーションを使った観光資源掘り起こしなどを目的に設立された官民連携組織アニメツーリズム協会はこのほど、ゆかりのある自治体など88カ所を選ぶ「アニメ聖地88」を発表した。大ヒット映画「君の名は。」のモデルの一つとなった岐阜県飛騨市のほか、北海道函館市、福島県会津若松市、兵庫県宝塚市などを認定した。

協会は認定した自治体などと連携して複数の聖地を「巡礼」する観光ルートを策定。海外でも人気の高い日本アニメで訪日外国人らを呼び込み、町おこしにつなげる。

人気漫画「釣りキチ三平」の主人公が住むとされる秋田県横手市、女子高生が戦車に乗って戦う「ガールズ&パンツァー」の舞台である茨城県大洗町、新選組を題材にした人気ゲーム「薄桜鬼 真改」で有名になった函館市、会津若松市、京都市なども選ばれた。施設やイベント関連では、手塚治虫記念館のある宝塚市や世界コスプレサミットが行われる名古屋市が認定された。

アニメ聖地88は、お遍路さんの四国88カ所巡礼にちなんで名付けた。協会は3月に150カ所の候補地を発表。日本語、英語など5カ国語に対応した応募サイトで世界中のファンから集めた投票を基に、関係者と調整して絞り込んだ。

今後も年1回発表する予定で、来年は認定を増やす方向だ。人気アニメ、ガンダムの生みの親としても知られる富野由悠季会長は「認定をきっかけに地元を育ててほしい。今後は日本中に広く対象を広げたい」と話した。

飛騨市は、観光案内所に英語、中国語に対応できるスタッフを常駐させるなど訪日客対策を強化している。幕張メッセ(千葉市)での発表会に参加した都竹淳也飛騨市長は「選ばれて光栄。今後は他の自治体と切磋琢磨(せっさたくま)しておもてなしの仕方を伸ばしていきたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.09.02]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告