[ニュース]小野寺防衛相「北朝鮮は核兵器保有」=次はICBM発射
[2017.09.11] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

小野寺五典防衛相は10日、北朝鮮が強行した6回目の核実験について、「(爆発規模が)160キロトン、広島の10倍だから、脅威となる核兵器を持っていると考えざるを得ない」と述べた。東京都内で記者団の質問に答えた。閣僚が北朝鮮の核保有を明言するのは異例。北朝鮮の核開発が実戦使用に向け相当程度進んでいるとの認識を示したものだ。

小野寺氏は北朝鮮を核保有国と見なすかどうかについて「国際社会で判断すべきことだ」とした上で、「核実験を繰り返し、相当の能力を持っている国だ」と述べた。

小野寺氏はこれに先立つNHK番組で、北朝鮮の狙いについて「北朝鮮が持ちたい能力は大陸間弾道ミサイル(ICBM)だ。(大気圏への)再突入技術を実証すれば、核を弾頭化し、米国本土を狙える」と指摘。「これが最終的な目標とすれば、次はICBMの実験ではないか」と述べ、今後、ICBMの発射に踏み切る可能性があるとの見方を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.09.11]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告