[ニュース]福田内閣府副大臣、新党合流へ=自民議員初、こころ中山代表も-小池氏は要職で調整
[2017.09.25] 他の言語で読む : ENGLISH |

自民党の福田峰之内閣府副大臣(衆院比例南関東)は24日、東京都内で記者団に「新しい日本社会の枠組みづくりにチャレンジしたい」と述べ、同党を離党し、小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員らが結成する新党に加わる意向を表明した。自民党議員で新党に合流する動きが明らかになったのは初めて。日本のこころの中山恭子代表(参院比例)も同日、小池氏と会談し、夫の中山成彬元文部科学相とともに新党に合流する考えを伝えた。

福田氏は衆院当選3回で麻生派所属。前回衆院選では、神奈川8区で江田憲司民進党前代表代行に敗れ、比例代表で復活当選した。

福田氏は24日、都内で若狭氏と会談し、新党に参加する考えを伝えた。この後、若狭氏は記者団に「考え方が一致しており非常に心強い」と歓迎した。自民党から後に続く動きが出る可能性については「あり得る」との見方を示した。

福田氏は同日、地元の支持者にファクスで自民党を離党することを報告、別の選挙区から出馬を目指す考えを示した。25日に離党届を提出する。

小池氏と中山夫妻は都内のホテルで会談。小池氏は夫妻の意向を「若狭氏に伝える」と応じた。こころの現職国会議員は中山代表と中野正志幹事長の参院議員2人。中山代表は記者団に「日本のこころは消滅する党だ。中野幹事長は違う方向で動いていくと思う」と語った。無所属の行田邦子参院議員(埼玉選挙区)も24日の後援会会合で、新党に参加する意向を示した。衆院選へのくら替え出馬は否定した。

若狭氏や細野豪志元環境相ら衆参両院議員7人は同日、都内のホテルに集まり、26日にも見込む新党旗揚げに向けた準備を加速させた。綱領や基本政策を確認し、党名は「希望の党」とする方向で調整した。小池氏については共同代表や顧問といった要職に就く案が浮上している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.09.25]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告