[ニュース]東芝、ひとまず上場維持=東証が「特注銘柄」指定解除−管理改善も廃止危機継続
[2017.10.12] 他の言語で読む : ENGLISH |

東証は11日、不正会計があった東芝の株式について、内部管理体制に問題のある「特設注意市場銘柄」の指定を12日付で解除すると発表した。これにより、上場が維持され、東芝は不正会計による危機を脱した形だ。東芝が2017年3月に再提出した再発防止策や幹部への聴取などから「内部管理体制について相応の改善がなされた」と判断した。

東芝は17年3月末で5529億円の債務超過に陥った。来年3月末までに解消できなければ、今回の判断にかかわらず、東証基準に従い上場廃止となる。半導体子会社「東芝メモリ」の売却を完了させ、2年連続の債務超過を回避する方針だ。

15年に発覚した不正会計を受け、同年9月に東芝株は特注銘柄に指定され、東証が委託する日本取引所自主規制法人が上場維持の是非の審査を続けてきた。記者会見した自主規制法人の佐藤隆文理事長は「指定解除で将来的な上場廃止の可能性がなくなったと捉えるべきではない」と語った。その上で、東芝の内部管理体制の監視を継続する考えを示した。

東証の決定を受け、東芝は「内部管理体制の一層の改善と定着を図り、一丸となって信頼回復に全力を尽くしていく」との声明を発表した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.10.12]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告