台南で出会った日本との絆
日本兵も眠る“台南”こそ、台湾人の心のふるさと

一青 妙【Profile】

[2015.04.20] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 |

本物の台湾を知りたいなら“台南”へ

日本から飛行機で約3時間の台湾。九州ほどの面積しかない小さな島国だが、様々な外来政権によって統治されてきた歴史的背景から、多文化が共存する魅力あふれる場所だ。首都は台北。小籠包(しょうろんぽう)に夜市、マッサージが有名で、日本人が行きたい旅行先としても大変人気がある。そんな台北から新幹線で約2時間、南部に位置する“台南”という都市が、今台湾で大ブームとなっており、街は観光客であふれ、移住する人も後を絶たないという。

なぜ台南なのか。

台南は、台湾の歴史が始まった場所だ。オランダ時代から清朝、日本、そして現代までの建造物が残っていて、歩くだけで台湾の歴史を感じることができる。街全体が歴史博物館のようだ。「本土化」が進む台湾の人たちは、きっと自分たちの「根っこ」を探したい気持ちになり、「本当の台湾」を知ることができる台南に注目しているのではないだろうか。

台湾人とのハーフである私も「自分探し」のつもりで、台湾人に負けないぐらい台南が好きになり、ここ数年、毎月のように通い詰めてきた。そして、2014年8月、『わたしの台南』(新潮社)という本を出版した。この間、台南で生きている多くの日本人たちにも出会ってきた。

この記事につけられたタグ:
  • [2015.04.20]

女優・歯科医•エッセイスト。1970年東京生まれ。父親は台湾出身、母は日本人。幼少期を台湾で過ごし11歳から日本で生活。著書に『ママ、ごはんまだ?』(2013年)、『私の箱子(シャンズ)』(2012年、共に講談社)、『私の台南』(2014年、新潮社)。ブログツイッターからも発信。歌手の一青窈は妹。

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告