日本文化ブームのルーツ ジャポニスムの時代

渡邊 啓貴【Profile】

[2015.07.02] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

Nippon.comでは、これまでにも日本文化の海外での受容のされ方をさまざまな形で伝えてきたが、今回はそのルーツについて説明してみよう。

日本美術の欧州上陸は陶磁器・漆器から

日本と欧州の交流の中で、西洋諸国に認められた最初の日本美術は、浮世絵ではなく磁器であった。磁器はもともと中国で開発されたものであり、ヨーロッパ各地の王族や貴族がこれを購入した。ところが中国の明朝が滅んで磁器の輸出が停止してしまい、中国の代わりに磁器を輸出し始めたのが日本であった。17世紀半ばのことだった。

1680年ごろの古伊万里(フランス国立セーブル陶磁器美術館所蔵、写真=World Imaging)

このころ「古伊万里」「色鍋島」「柿右衛門」などの作品が生まれた。1652年から83年までの30年間に約190万個の磁器が日本からヨーロッパに送り出されたといわれる。しかしヨーロッパで白磁鉱が発見され、ドイツのマイセン、フランスのセーブルで技術開発が進み、日本や中国の模倣による磁器生産が発展したため、日本からの輸出は減少した。

また漆器は「ジャパン」と呼ばれ、17世紀後半には日本の代名詞となった時期もあった。日本の漆器はキリスト教の宣教師たちの影響を受けて南蛮漆器を生み出し、教会の祭具から日常の生活品にいたるまで広く重用された。ヨーロッパへの輸出は東インド会社を通して行なわれた。

陶器の梱包として発見された浮世絵

他方、浮世絵については、木版の精巧な多色刷りの錦絵が開発されたのが1765年といわれ、海外への輸出はずっと後になった。最初に浮世絵を輸出したのは、長崎のオランダ商館長イサーク・ティツィング(※1)。その後はオランダ商館医師として来日したフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(※2)が北斎をヨーロッパに持ち帰ったとされる。

葛飾北斎『北斎漫画』(1812年ごろ)十五編より(東壁堂1878年刊、国立国会図書館所蔵)

やがてフランス人が日本の美術品に高い評価を与えるようになったのは19世紀半ばである。1851年にはゴンクール兄弟(※3)が『千八百某年』の中で日本美術品で飾られたサロンを描いている。したがって第二帝政期に入ったころには、すでに日本ブームのようなものがインテリの間で広まっていたといえるであろう。1867年万国博覧会のときにはすでに熱狂的な日本ファンがいたことが記録に残っている。

有名な話だが、フランスで浮世絵が注目されるようになったきっかけは、日本から送られた陶器の包みの詰め物に使われた『北斎漫画』。その高い芸術性に版画家フェリックス・ブラックモン(※4)が関心を示したからだといわれている。これは1856年のことであった。ドソワ夫妻(※5)がパリに最初の日本美術店を開店したのもこのころだった。

よく知られているように、日本の浮世絵は印象派の一連の画家たちによって高い評価を受け、世界に知られるようになった。エドワール・マネの『エミール・ゾラの肖像』の背景には日本の屏風が描かれている。クロード・モネは1876年の第2回印象派展に『ラ・ジャポネーズ』を出品、ドガやゴーギャン、ロートレックなども日本の美術に影響を受けた。日本人観光客がよく訪れる、パリ郊外のジヴェルニーにあるモネの家には相当数の浮世絵が飾られており、彼自身の関心がどれほど高いものであったかがうかがえる。日本の美術商・林忠正(1853-1906)の働きかけで、エドモン・ド・ゴンクールは『歌麿』(1891年)、『北斎』(1896年)を出版した。この第一の日本ブームの時期は、浮世絵を代表とする美術品が評価を得た時期だった。

(左)エドワール・マネ『エミール・ゾラの肖像』(1868年、オルセー美術館所蔵) Edouard Manet, Portrait d’Emile Zola, 1868, Musée d’Orsay (右)クロード・モネ『ラ・ジャポネーズ』(1876年、ボストン美術館所蔵)Claude Monet, Madame Monet en costume japonais (« La Japonaise »), 1876, Museum of Fine Arts, Boston.

(※1)^ Isaac Titsingh (1745-1812) オランダの外科医、学者。オランダ商館長として1779~1784年に3度日本に滞在。

(※2)^ Philipp Franz von Siebold (1796-1866) ドイツの医師、博物学者。1823~1829年に日本滞在。オランダ商館医を務める。帰欧後は日本研究の著作を数々発表した。

(※3)^ エドモン(Edmond de Goncourt, 1822-1896)とジュール(Jules de Goncourt, 1830-1870)の兄弟で小説など多くの著書を共作。弟の死後、兄は美術評論の分野で活躍し、浮世絵など日本美術の紹介に功績を遺した。

(※4)^ Félix Bracquemond (1833-1914) フランスの画家、版画家、美術装飾家。

(※5)^ M. et Mme Desoye 1862年にパリで開店し、当時の日本美術愛好家がこぞって通った有名な美術店の店主で、日本に滞在したことがあると伝えられるが、人物についてのくわしい記録は残っていない。

この記事につけられたタグ:
  • [2015.07.02]

nippon.com分科会委員。東京外国語大学国際関係研究所所長。1978年東京外大フランス語学科卒、80年同大大学院地域文化研究科修了、83年慶大大学院法学研究科博士課程修了、88年パリ第一大学大学院博士課程修了、99年から東京外大教授。2008~10年在仏日本大使館公使(広報・文化担当)。『Cahiers du Japon』『外交』各誌の編集委員長を歴任。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房、1990年=渋沢・クローデル賞受賞)、『フランス現代史』(中央公論新書、1998年)、『ポスト帝国』(駿河台出版、2006年)、『米欧関係の協調と対立』(有斐閣、2008年)、『フランスの文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店、2013年)、『シャルル・ドゴール』(慶応義塾大学出版会、2013年)、『現代フランス—栄光の時代の終焉、欧州への活路』(岩波書店、2015年)、『アジア共同体を考える』(編著、芦書房、2015年)など多数。

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告