終わらぬ冷戦、終わらぬ蒋介石

野嶋 剛【Profile】

[2016.02.16] 他の言語で読む : 简体字 | 繁體字 |

『コードネームは孫中山』(原題は『行動代號:孫中山』)という映画が2014年に台湾で上映され、ちょっとしたヒットになった。映画の評判もよく、2015年は大阪アジアン映画祭に招待され、グランプリも獲得した。年内には日本で公開されるとも聞く。私も観ているが、大変いい出来の映画だった。少年たちが、孫文(孫中山)の銅像を学校の倉庫から盗み出し、売り飛ばして一儲けを企むという、政治風刺もはらんだコメディ映画なのだが、台湾における政治家の銅像は、権威主義時代という「歴史の記憶」を体現する重要かつ敏感な存在でもあることをうかがわせる内容になっている。

権威主義時代の象徴だった孫文と蒋介石像

国民党は1949年の台湾撤退後、台湾における脱日本化と中国化、および国民党一党専制統治の強化の手段として、孫文と蒋介石(蒋中正)の銅像をとにかく作りまくった。台湾全土に一体どれほど銅像が建てられたのか正確な統計はないが、ほとんどの学校や公共施設、ロータリーなどに両人いずれかの銅像が設けられた。銅像の孫文や蒋介石に睨まれながら学校に通った記憶は、ある年代以上の台湾人にとって共同記憶だと言ってもいい。

『コードネームは孫中山』について、孫文は台湾でほぼ非政治化された存在なので、この映画の製作が可能だったのだとふと気がついた。これが仮に『コードネームは蒋中正』であったら、きっとあまたの賛否両論があふれ、台湾社会の亀裂の裂け目からいろいろな感情が吹き出したに違いない。

蒋介石の銅像も民主化後は次第に各地から撤去され、台湾北部・桃園にある「慈湖紀念彫像公園」という、撤去された蒋介石像を大量に集めた銅像テーマパークまである。ここは一見の価値があるのでご関心のある方は足を運んでみて欲しい。とにかく、凄まじい種類と数の銅像がそろっている。

蒋介石の銅像は数こそ大きく減ったが、いまも台北市のランドマークである中正紀念堂には鎮座している。ここの銅像も含めて、各地に残る蒋介石像には毎年のようにペンキがかけられたり落書きされたりする。蒋介石は、二二八事件や白色テロなどで家族が被害に遭った人々にとっては、いまも憎悪の対象となっているのである。

この記事につけられたタグ:
  • [2016.02.16]

ジャーナリスト。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。在学中に、香港中文大学、台湾師範大学に留学する。1992年、朝日新聞入社。入社後は、中国アモイ大学に留学。シンガポール支局長、台北支局長、国際編集部次長等を歴任。「朝日新聞中文網」立ち上げ人兼元編集長。2016年4月からフリーに。現代中華圏に関する政治や文化に関する報道だけでなく、歴史問題での徹底した取材で知られる。著書に『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)、『故宮物語』(勉誠出版)等。オフィシャルウェブサイト:野嶋 剛

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告