忘れられた石碑——牡丹社事件から想う

平野 久美子【Profile】

[2016.06.17] 他の言語で読む : 简体字 | 繁體字 |

朽ち果てた歴史

今年の春、沖縄大学の又吉盛清教授に那覇でお目にかかったとき、長崎に牡丹社事件に関する石碑があることを教えていただいた。初耳だった。

急な坂道を登り切ったところに、その石碑はあった(提供:平野 久美子)

さっそく地元の大学教授や歴史に詳しい友人に問い合わせたところ、長崎市の東にあたる西小島町(にしこしままち)の一画に現在もあるようだとの回答が来た。そこで私は長崎へ出かけることにした。

昔、唐人屋敷のあった館内町(かんないまち)から急な石段を登りつめると、300坪ほどの、石塀に囲まれた場所に出た。よく見ると、敷地の一部が小学校の裏庭に食い込んでいる。中へ入ると、戊辰戦争に参戦した「振遠隊の碑」と並んで、1875(明治8)年建立の「台湾役戦没之碑」と「征台軍人墓碑」が、雑草と落ち葉に埋もれてたたずんでいた。

石碑は、どれもみな黒く変色している。傍らには、各地から出兵して戦死、あるいは病死した兵隊の墓が、将棋の歩の駒のように並んでいる。墓地と校舎の2階とが、ほぼ同じ目線に収まるのは坂の街長崎ならではの光景だ。1861(文久元)年に開設した西洋医学の「小島養生所」がすぐそばにあったところをみると、マラリヤにかかって帰還した兵隊は、ここで手当てを受けたに違いない。

「征台軍人墓碑」(左)と当時の大倉組が献納した石灯籠(中)、一番右は国家に殉じた軍人軍属を合葬した「軍人軍属之碑」(提供:平野久美子)

「台湾役戦没之碑」には出兵の意義と戦没者の名誉を永久に顕彰するという内容が、「征台軍人墓碑」には天皇が明治7年4月に勅令を発したことや台湾に出兵した日本軍の輝かしい戦果などが記されているのだが、とても解読できる状態ではない。用意した資料を片手に、漢文調の碑文をなぞっていくと、“牡丹郷之賊”という字が指先に触れた。

「年に一度、春分の日に有志が集まって供養をしているようですが、市民もほとんどそのことを知りません」

案内をしてくれた友人はこのように言う。市の文化財保護課では、牡丹社事件の石碑は管轄外だといわれ、護国神社の社務所に問い合わせても、原爆で資料が焼失したため詳しいことはわからないとの返事であった。明治初期の長崎には、台湾問題を担当した中央政府の出先機関「蕃地事務局」が設けられ、1874(明治7)年の台湾出兵の拠点港として大きな役割を果たしたというのに・・・。近代日本を舞台にして活躍した英国商人トーマス・グラバーらがもてはやされ、三菱造船所のドッグやクレーンなどが近代産業遺産となって脚光を浴びている一方で、朽ち果てていく歴史がある。

この記事につけられたタグ:
  • [2016.06.17]

ノンフィクション作家。出版社勤務を経て文筆活動開始。アジアンティー愛好家。2000年、『淡淡有情』で小学館ノンフィクション大賞受賞。アジア各国から題材を選ぶと共に、台湾の日本統治時代についても関心が高い。著書に『テレサ・テンが見た夢 華人歌星伝説』(筑摩書房)、『中国茶 風雅の裏側』(文春新書)、『トオサンの桜・散りゆく台湾の中の日本』(小学館)、『水の奇跡を呼んだ男』(産経新聞出版、農業農村工学会著作賞)など。

website:http://www.hilanokumiko.jp/

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告