映画『百日告別』——交わり重なる台湾と日本の死生観

野嶋 剛【Profile】

[2017.03.04]

より「生と死」を考えざるを得ない時代

日本で2月下旬から上映されている台湾映画『百日告別』は、自らの半身と呼べる存在が、突然、目の前から消失してしまったら、私はどうなってしまうのだろうかということを問い掛ける映画である。この点についてはおそらく誰も異論はないところだろう。そして突き詰めるとわれわれは他者の死にどう向き合うかという問題であり、「死生観」という言葉に置き換えてもいい。

海外で比較的長く生活してきた経験上、身につまされて感じるのは、外国人の死生観をきちんと理解することほど難しいことはないということだ。それは普段の交際では決して見えてこない。結婚でもしないと触れることすら難しい領域なのである。日本とこんなに近くて親しいように思える台湾も、死生観については天と地ほど違うのではないかと思うことがしばしばある。

そんな台湾の死生観については、私たちの参考となる映画が本作以外にもこのところ相次いで登場している。『父の初七日(原題:父後七日)』(2010年)は、台湾の葬送儀礼を細部まで描き出し、それを家族の再生に結びつけた名作だ。ほかに『失魂』(2013年)、『共犯』(2014年)なども、それぞれの設定の中で「死」と向き合う台湾の人々の心理を見せてくれる。

どうやら台湾においては、いま「生と死」を考えることが一つの大きな潮流になっているようである。それは、グローバリゼーションと少子化によって格差の間に押し込まれた個々人が、自分の生と死について考える時間が過去よりも増えていることの表れであり、日本にも通じる社会現象と言える。台湾と日本の死生観が次第に交わり、重なる時代に入ってきているとの見方もできる。

その象徴は日本映画の『おくりびと』だった。台湾での上映時、非常に高い人気で受け入れられ、その後も台湾社会に影響を及ぼし続けている。死者を丁寧に送りたいというトレンドが台湾でこの映画を機にいっそう広がった。日本に留学して納棺師の仕事を学ぶ「おくりびと留学」がブームになっている記事を書いたこともあった。納棺師が台湾の政府免許になるという報道も出ている。

戦争や災害による大量死が相対的に少なくなった現代(東日本大震災を経験した日本はやや例外ではあるが)において、「死」が身近なものでなくなるほどに、「死」の衝撃は「生」を危うくする。いずこの社会も「死」と向き合うことを過去以上に考えなくてはならなくなっているのである。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.03.04]

ジャーナリスト。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。在学中に、香港中文大学、台湾師範大学に留学する。1992年、朝日新聞入社。入社後は、中国アモイ大学に留学。シンガポール支局長、台北支局長、国際編集部次長等を歴任。「朝日新聞中文網」立ち上げ人兼元編集長。2016年4月からフリーに。現代中華圏に関する政治や文化に関する報道だけでなく、歴史問題での徹底した取材で知られる。著書に『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)、『故宮物語』(勉誠出版)等。オフィシャルウェブサイト:野嶋 剛

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告