東京五輪に台湾が「台湾 TAIWAN」名義で参加することを期待する理由

徳光 重人【Profile】

[2017.10.22] 他の言語で読む : 繁體字 |

「台湾正名運動」とは

日本の多くの方は、「台湾正名運動」という言葉を聞いたことがないだろうと思う。これは、「台湾は台湾であり、中国ではない」という台湾主体を訴える台湾人のムーブメントである。

運動は、2001年頃から日本国内から起こり、日本在住の台湾人が日本の公的機関が発行する外国人登録証や医師免許証などの国籍欄に、「中国」と書かれることに対して受け入れられないとして発起した。日本在住の台湾人から始まった運動は、賛同する日本人とともに規模を広げ、さらには台湾に広がり、02年5月11日(母の日:私たちの母は台湾だという主張を兼ねたらしい)には、台北市内で台湾人3万5000人が決起集会を行った(511台湾正名運動)。

筆者は、その翌年03年9月に総統府前および台北市内で行われた「台湾正名運動」の集会と行進に、日本からの支持者と共に参加した。壇上の李登輝元総統を遠くから眺め、台湾人の力強さを実感すると同時に、日本ではあり得ない「正名運動」に対して、改めて「台湾」とは何かを考えさせられた。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.10.22]

1961年金沢市生まれ。95年より台湾在住。2003年に台湾にて起業し、温泉旅館加賀屋の台北誘致を企画。現在は、台湾加賀屋取締役。財団法人八田與一文化藝術基金会副執行長。修学旅行生や企業、団体など日本人への講演活動を行っている。

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告