シリーズ メイド・イン・ニッポン企業
日本のへそから「世界のものづくり」を支える金属3Dプリンターメーカー——松浦機械製作所
[2014.09.11] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية |

コシヒカリのふるさと・福井県で生まれた産業用金属3Dプリンター「金属光造形複合加工機」がものづくりの世界で注目されている。モノを大量生産するために必要な「金型」(金属の型)づくりの過程で、「造形」と「切削」の2つの作業を1つの機械内で行える装置を開発。工期とコストの大幅削減を可能にしたからだ。主導したのは、地元の中堅工作機械メーカーの松浦機械製作所(マツウラ)だ。

「造形」と「切削」を同時にこなす優れもの

マツウラが2002年11月に開発した金属光造形複合加工機は現在、「LUMEX Avance-25」(ルーメックス・アバンセ25)と名付けられた第4世代。加工用テーブルの上に敷き詰めた金属粉末をレーザー光で焼き固めながら、1層ずつ積み上げるように立体物を造形すると同時に、その表面を高速で磨き上げる切削作業も行える。

開発室に保存されているLUMEX原型機 (福井県工業技術センター、左は後藤基浩主任研究員)

これにより、金型の仕上がりの精度が大幅に上がった。LUMEXを使えば、金型の内部に水管を自在に配置できるため、金型に流し込んだ樹脂の冷却効果も格段に高まり、部品の生産性が向上。強度も強く、最終製品とすることも可能だという。造形と切削の2つの作業を「複合」的に行える機械はこれが初めて。

この結果、それまで2週間から1カ月近くかかった設計・加工期間を3分の1に短縮できた上に、コストも最大で半減した。完全自動化による無人運転を行えば、人件費も減らせる。コスト削減に血眼になっているメーカーにとっては文字通り、“救世主”的な存在だ。

ブームに押され、呼び名も「金属3Dプリンター」に

マツウラがLUMEXの原型機(試作機)を開発した当時はまだ、3Dプリンターという言葉は一般的でなかった。「金属光造形複合加工機」と、舌をかみそうな名前が付いたのもそのためだ。すぐに普及し始めたわけでもない。まだ積層造形技術への認知度が低かった上、価格も1台約7000万円と高かった。

3代目社長の松浦勝俊氏

風向きが変わってきたのは2013年あたりから。10万円以下でも買える個人用3Dプリンターが家電量販店で売られ始めたからだ。樹脂などの材料を積み上げて造形するため、一見したところ何もない空間にこつぜんと立体が出来上がるように見える。メディアに「魔法の箱」ともてはやされ、3Dプリンターブームが巻き起こった。

立体物を作り出す技術そのものに対する社会全般の理解や認識も徐々に広まり、ブームも個人レベルから産業界全体に浸透してきている。3Dプリンターなど先端設備投資を促す国の補助金制度が打ち出されたことも普及に追い風となった。

それでもマツウラは、「金属光造形複合加工機」という呼び名にこだわっていた。しかし、2014年に方針転換。「こちらがいくら『金属光造形複合加工機』です、『積層造形装置』ですと言っても、世間から『3Dプリンターだ』と反論される。もう抗っても無理なので、軍門に下ることにした」と松浦勝俊社長は苦笑する。今は「ハイブリッド金属3Dプリンター」と名乗っている。


LUMEX Avance-25 金属光造形複合加工法の解説動画(松浦機械製作所提供)

この記事につけられたタグ:
  • [2014.09.11]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告