グローバル食文化としてのラーメン

中国人が日本で広めた中華麺は、戦後復興期、高度経済成長期を経て日本の「国民食」ラーメンとなった。海外にも進出する「日本のラーメン」の人気の背景を、ラーメン食べ歩きの「プロ」の視点、人気店の海外展開、伝統的「和食」との対比などから考察する。

進化するラーメンと無形文化遺産としての「和食」バラク・クシュナー

世界が認める「和食」と世界で独自に進化し続ける「日本発」ラーメン。どちらが真に日本を代表する「顔」なのか?英ケンブリッジ大学の歴史学者によるラーメンから見た日本文化論。
more

大手チェーンから最新の人気店まで

諸外国でラーメンが脚光を浴び、認知度が高まるに伴って、日本のラーメン店の海外進出の動きが加速している。欧米への本格進出を狙う大手チェーンと、アジア諸国でのビジネスチャンスを伺うベンチャー企業経営者に取材し、今後の展望や課題を聞いた。
more

世界に羽ばたく日本の「ソウルフード」ラーメン石山 勇人

ラーメンに魅せられ、ラーメン探究にまい進する筆者が、いまやグローバル食となったラーメンの原点を振り返り、現在、そして未来を展望する。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告