ビッグデータ新時代 進化する利活用

「ビッグデータ」が話題にのぼるようになって数年が経つ。最近は、ビッグデータをAI(人工知能)などを使って分析し、その結果をもとにアクションを起こして課題解決をしていくという「データドリブン」へと関心は移ってきた。日本でのデータドリブンの現状を探ってみた。

変化の時代、現場裁量がない組織はビッグデータを活かせない

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術などの発達に伴い、顧客の行動に関する膨大なデータを瞬時に解析し、刻々と次のビジネスにつなげていく「データドリブン経営」が注目が集めている。先進的な企業では、実際にビッグデータをどのように活用しているのか。コンピューターサイエンス研究者で国立情報学研究所副所長の佐藤一郎教授に聞いた。
more

関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告