シリーズ Japan Data
【日本の財政】2012年度予算案
国債依存度過去最高49%
[2012.02.08] 他の言語で読む : ENGLISH |

政府は2011年12月、2012年度予算案を決定した。東日本大震災の復興予算などを含めて96兆円を超える過去最高の予算規模。3年連続で、国債発行額が税収を上回る異常事態が続いている。
関連記事:大局的観点から消費増税への取り組みを

一般会計90兆3339億円。2012年度予算案

政府は2011年12月24日、臨時閣議で2012年度予算案を決定した。一般会計は90兆3339億円。このうち国債の占める割合が49.0%と、当初予算としては過去最高の割合となった。また、借金が税収を上回るのも3年連続。

90兆3339億円という予算総額は、昨年比2.2%減だが、東日本大震災の復興予算3兆7754億円と基礎年金国庫負担財源2兆5882億円を一般会計に計上しない交付国債として一般会計の歳出から外したため、実質的には96兆6975億円となり過去最大の予算規模となった。

関連記事
このシリーズの他の記事
  • [2012.02.08]

ピックアップ動画

人気のキーワード

最新の特集

バナーエリア2
  • 編集長ブログ
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告