シリーズ Japan Data
【日本の安全保障】沖縄の米軍基地
沖縄本島の面積の18%
[2012.02.07] 他の言語で読む : العربية |

在日米軍施設全体の約75%が沖縄県に集中している。沖縄返還40周年となる2012年の米軍基地の現状を地図で紹介。
関連記事:沖縄の「基地問題」の現状

沖縄県の米軍基地と普天間飛行場の移設案

出典:沖縄県基地対策課「沖縄の米軍基地」

 

民主党政権下で普天間飛行場の返還、移設計画が停滞している。依然として沖縄本島で在日米軍の施設は総面積の18%を占める状態が続く。

政府は紆余曲折の末、普天間飛行場代替施設は、名護市辺野古地区沿岸に2本の滑走路をV字型に配置することを決めた。しかし、地元の沖縄県や名護市は態度を硬化させており、移設の実施までには難航が予想される。

この記事につけられたタグ:
  • [2012.02.07]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告