シリーズ Japan Data
民主党代表選、自民党総裁選
[2012.10.15]

2012年9月、与党民主党、最大野党自由民主党の代表を決める選挙が相次いで行われた。民主党は野田佳彦首相が大差で勝利し、続投を決めた。自民党は決選投票の末、安倍晋三元首相が総裁に返り咲くことになった。

民主党代表選

2012年9月21日、民主党は臨時党大会を開催、代表選挙を実施した。野田佳彦首相(55)は国会議員、地方議員の65%、党員サポーター票の72%などを集めて党代表に再選された。

民主党代表選の投票結果

  国会議員 国政選挙の
公認予定者
地方議員 党員・サポーター 合計
野田 佳彦 422 7 93 296 818
原口 一博 62 0 20 72 154
赤松 広隆 80 1 18 24 123
鹿野 道彦 86 0 10 17 113
合計 650 8 141 409 1208

自民党総裁選

自民党総裁選は9月26日に行われ、安倍晋三元首相(58)が新総裁に選出された。5人の候補が立候補していたが、第1回目の投票では、過半数を超える候補はおらず、1位の石破茂前政調会長と、2位の安倍元首相の決選投票となった。国会議員からの幅広い支持を集めた安倍氏が、1回目の投票で地方票の過半数を集めた石破氏を逆転した。安倍氏の総裁就任は5年ぶりで、自民党では一度辞任した総裁経験者が再選されるのは初めて。

自民党総裁選の投票結果

1回目 地方票 国会議員票 合計
石破 茂 165 34 199
安倍 晋三 87 54 141
石原 伸晃 38 58 96
町村 信孝 7 27 34
林 芳正 3 24 27
合計 300 197(棄権1) 497
決選投票 国会議員票
安倍 晋三 108
石破 茂 89
合計 197(無効票1)

(注)年齢はいずれも選出時。

この記事につけられたタグ:
  • [2012.10.15]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告