シリーズ Japan Data
第2次安倍改造内閣の顔触れ(2014年9月)
[2014.09.03] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | ESPAÑOL | العربية | Русский |

安倍晋三首相は9月3日、第2次安倍内閣としては初めての内閣改造を行った。麻生太郎副首相兼財務相、菅義偉官房長官、岸田文雄外相など6人の閣僚が留任。石破茂・党幹事長は、新設ポストの地方創生担当相に就任した。

職名 氏名 所属政党、選挙区、当選回数 主な経歴
内閣総理大臣 安倍 晋三
(あべ しんぞう)
自民党
衆議院・山口4区
当選7回
総理大臣(2006~2007年、2012年~)
副総理
財務大臣
内閣府特命担当大臣 (金融)
デフレ脱却担当
麻生 太郎
(あそう たろう)
留任
自民党
衆議院・福岡8区
当選11回
総理大臣(2008~2009年)
総務大臣 高市 早苗
(たかいち さなえ)
自民党
衆議院・奈良2区
当選6回
党政調会長(2012~2014年)内閣府担当特命大臣(2006~2007年)
法務大臣 松島 みどり
(まつしま みどり)
自民党
衆議院・東京14区
当選4回
経済産業副大臣(2013〜2014年)
国土交通副大臣(2007~2008年)
外務大臣 岸田 文雄
(きしだ ふみお)
留任
自民党
衆議院・広島1区
当選7回
内閣府特命担当大臣(沖縄および北方対策)(2007~2008年)
文部科学大臣
教育再生担当
東京五輪・パラリンピック担当
下村 博文
(しもむら はくぶん)
留任
自民党
衆議院・東京11区
当選6回
内閣官房副長官(2006~2007年)
厚生労働大臣 塩崎 恭久
(しおざき やすひさ)
自民党
衆議院・愛媛1区
当選衆6回・参1回
内閣官房長官(2006~2007年)外務副大臣(2005~2006年)
農林水産大臣 西川 公也
(にしかわ こうや)
自民党
衆議院・栃木2区
当選5回
内閣府副大臣(2004~2005年)
経済産業大臣
産業競争力担当
原子力経済被害担当
内閣府特命担当大臣 (原子力損害賠償・廃炉等支援機構)
小渕 優子
(おぶち ゆうこ)
自民党
衆議院・群馬5区
当選5回  
内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画)(2008~2009)
国土交通大臣
水循環政策担当
太田 昭宏
(おおた あきひろ)
留任
公明党
衆議院・東京12区
当選6回
公明党代表(2006~2009年) 
環境大臣
内閣府特命担当大臣 (原子力防災)
望月 義夫
(もちづき よしお)
自民党
衆議院・静岡4区
当選6回
国土交通副大臣(2006~2007年)
防衛大臣
安全保障法制担当
江渡 聡徳
(えと あきのり)
自民党
衆議院・青森2区
当選5回
防衛副大臣(2012~2013年、2007~2008年)
内閣官房長官
沖縄基地負担軽減担当
菅 義偉
(すが よしひで)
留任
自民党
衆議院・神奈川2区
当選6回
総務大臣(2006~2007年) 
復興大臣
福島原発事故再生総括担当
竹下 亘
(たけした わたる)
自民党
衆議院・島根2区
当選5回
財務副大臣(2008~2009年)
国家公安委員会委員長
拉致問題担当
海洋政策・領土問題担当
国土強靭化担当
内閣府特命担当大臣 (防災)
山谷 えり子
(やまたに えりこ)
自民党
参議院・比例
当選衆1回・参2回
首相補佐官(2006~2007年)
内閣府特命担当大臣(沖縄・北方対策、科学技術政策、宇宙政策)
情報通信技術(IT)政策担当
再チャレンジ担当
クールジャパン戦略担当
山口 俊一
(やまぐち しゅんいち)
自民党
衆議院・徳島2区
当選8回
財務副大臣(2012~2013年)総務副大臣(2003~2004年)
女性活躍担当
行政改革担当
公務員制度改革担当
内閣府特命担当大臣(消費者および食品安全、少子化対策、男女共同参画)
有村 治子
(ありむら はるこ)
自民党
参議院・比例
当選3回
文部科学大臣政務官(2005~2006年)
経済再生担当
社会保障・税一体改革担当
内閣府特命担当大臣 (経済財政政策)
甘利 明
(あまり あきら)
留任
自民党
衆議院・神奈川13区
当選10回
経済産業大臣(2006~2008年) 
地方創生担当
内閣府特命担当大臣(国家戦略特区)
石破 茂
(いしば しげる)
自民党
衆議院・鳥取1区
当選9回
党幹事長(2012~2014年)党政調会長(2009~2011年)農林水産大臣(2008~2009年)防衛大臣(2007~2008年)
職名 氏名 所属政党、選挙区、当選回数 主な経歴
内閣官房副長官(政務) 加藤 勝信
(かとう かつのぶ)
留任
自民党
衆議院・岡山5区
当選4回
内閣府大臣政務官(2007~2008年)
内閣官房副長官(政務) 世耕 弘成
(せこう ひろしげ)
留任
自民党
参議院・和歌山選挙区
当選4回
内閣総理大臣補佐官(2006~2007年)
内閣官房副長官(事務) 杉田 和博
(すぎた かずひろ)
留任
  内閣危機管理監(2001~2004年)警察庁警備局長(1994~1997年)
内閣法制局長官 横畠 裕介
(よこばたけ ゆうすけ)
留任
  内閣法制次長(2011~2014年)

 

安倍政権は2012年12月の発足後、18人の閣僚が1人も交代しないまま、600日以上が経過。日本の政治では非常にまれなケースで、戦後では第1次佐藤改造内閣(1965~1966、425日)を超える最高記録となった。

今回の内閣改造は、人事刷新により安倍首相の党内基盤の強化を図るほか、新内閣のフレッシュなイメージを国民にアピールすることで、下降気味の支持率を回復する狙いがあるとみられる。

女性閣僚は改造前は2人だったが、今回は歴代内閣最多と並ぶ5人となった。

自民党の役員人事も行い、党3役ポストのすべてを入れ替えた。幹事長には党前総裁の谷垣禎一(たにがき・さだかず)氏、総務会長に二階俊博(にかい・としひろ)氏、政調会長に稲田朋美(いなだ・ともみ)氏が起用された。

 

タイトル写真:組閣を終え、記念写真に収まる安倍晋三首相(前列中央)と閣僚ら=2014年9月3日、首相官邸(時事)

この記事につけられたタグ:
  • [2014.09.03]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告