シリーズ Japan Timeline
Timeline for July 2014
[2014.08.06] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | ESPAÑOL | العربية | Русский |

集団的自衛権行使のための憲法解釈変更の閣議決定、北朝鮮への独自制裁の一部解除、台風8号の日本列島縦断など、2014年7月の日本の出来事を振り返る。

1

臨時閣議において安倍内閣が、集団的自衛権の行使を認めるために憲法解釈を変えることを決定。集団的自衛権とは、自国が攻撃を受けていなくても国民に明白な危険があるときなどには自衛隊が他国と一緒に反撃できる権利。歴代内閣は長年、憲法9条の解釈で集団的自衛権の行使を禁じてきたが、安倍内閣は安全保障環境の変化を理由に容認に踏み切った。これにより日本は自国防衛以外の目的での武力行使が可能となる。

富士山山開き。世界文化遺産に登録されて1年がたった今年から入山料を本格導入し、富士山の登山道の安全や保全対策費に充てる。入山料は任意で1,000円となっており、インターネットでの事前支払いも受け付ける。

2

英科学誌『ネイチャー』が、理化学研究所の小保方晴子(おぼかた・はるこ)ユニットリーダーらによるSTAP細胞の論文2本を撤回したと発表。論文は「細胞に外部から刺激を与えるだけで万能細胞に変わる」という内容で、今年1月30日号に掲載された際には「生物学の常識を覆す」として注目された。理研により画像の不正が認定されたうえ、他にも画像の取り違えなどがあったことが理由。

アメリカの大手旅行雑誌『TRAVEL+LEISURE』が毎年発表する「旅行で訪れたい世界の10都市ランキング」で、京都が日本の都市として初めて1位を獲得。2012年は9位、2013年は5位だったが、2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことなどから、審査5項目のうち「文化・芸術」と「レストラン」の項目で評価が高まったとみられる。

4

政府が北朝鮮に対する日本独自の制裁の一部を解除することを閣議決定。1日の日朝政府間協議で、北朝鮮側から示された日本人拉致被害者らを再調査する特別調査委員会において、実効性のある調査ができると判断した。解除するのは、(1)北朝鮮国籍保有者の日本への入国禁止など人の往来の規制、(2)10万円超の現金持ち出しの届け出と、300万円超の送金の届け出義務、(3)北朝鮮籍の船舶の入港禁止、の3項目だが、入港禁止の解除は人道目的に限り、貨客船「万景峰号」の入港禁止や北朝鮮からの航空チャーター便の乗り入れ禁止などの独自制裁は当面維持する。

6-12

安倍首相がニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニアを訪問し、各国首脳と会談。8日のアボット豪首相との会談では、経済連携協定(EPA)と防衛装備品・技術移転協定に署名し、安全保障分野と経済面での関係を一層強化することで合意した。日本の首相としては初めてオーストラリア連邦議会での演説も行った。

アボット豪首相と安倍首相(写真提供=時事、提供元:内閣広報室)

この記事につけられたタグ:
  • [2014.08.06]
関連記事
このシリーズの他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告