国際シンポジウム報告記事を掲載しました
[2011.11.22]

10月22日に開催されたnippon.comオープニング記念国際シンポジウム「3.11後の報道や危機管理のあり方を探る」の報告記事をアップしました。基調講演では、英『エコノミスト』元編集長のビル・エモット氏が危機におけるリスク報道の課題を鋭く指摘し、パネルディスカッションでは、国内外の報道関係者や危機管理専門家が活発な議論を展開しました。ぜひお読みください。

 

シンポジウム「3.11後の報道や危機管理のあり方を探る」報告(パート1)

危機の中でリスクはどのように報道されるか?

~ビル・エモット 英『エコノミスト』元編集長が基調講演~

 

シンポジウム「3.11後の報道や危機管理のあり方を探る」報告(パート2)

東日本大震災の報道と危機管理は適切だったか?

~国内外のメディア・危機管理関係者が討論~ 

  • [2011.11.22]
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告