[ニュース]10年超で5倍の11万8千店=海外の日本食レストラン−農水省
[2017.11.08] 他の言語で読む : ENGLISH | 繁體字 | ESPAÑOL | Русский |

農林水産省は7日、海外の日本食レストランが10年余りで5倍の約11万8000店(10月時点)に増加したと発表した。前回調査(2015年7月)に比べると3割増となっており、中国などアジアや中南米が5割増と大きく伸びた。

斎藤健農水相は「外国人観光客の増加などで世界的に日本食ブームが広がっている」と指摘。日本食レストランの増加が農水産物の輸出拡大につながることに期待を示した。

国別で見ると、中国が4万823店と最大。次いで米国(2万2890店)、台湾(1万920店)、韓国(1万200店)、フランス(3620店)の順。

調査は4回目で、計238カ所の在外公館を通じて実施した。初回の06年は約2万4000店だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.11.08]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告