和牛は今や世界の「WAGYU」
米国、オーストラリアに続き中国でも
[2015.08.27] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

世界的な日本食ブームを受け、「和牛」の人気が外国でも高まっている。一方、「外国産WAGYU」も存在感を強めており、和牛の最大の特徴である「霜降り」のレベルも急接近中だ。環太平洋経済連携協定(TPP)が合意すれば、国内での外国産WAGYUの流通はもっと増える。和牛は今や世界の「WAGYU」だ。

海外市場はオーストラリア産WAGYUが独占

和牛は明治以降、日本に昔からいる従来種の牛に外来種を交配し、品種改良を重ねてきた4種類の肉専用種(黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種)のことを言う。黒毛和種が約95%を占め、一般的には和牛と言えばこれを指す。肉質は軟らかく、最高級の牛肉は筋肉の中に脂肪が入った「霜降り」(サシ、脂肪交雑)で有名だ。「神戸牛」、「松阪牛」、「近江牛」といった産地を冠した銘柄牛はすべてこの系統に入る。

黒毛和種の一つ、兵庫県の但馬牛

1990年代から東南アジアの富裕層向けに輸出され、一定の消費者を獲得していた。しかし、2010年に口蹄疫、2011年に原発事故が発生したことで市場を失った。和牛が輸出できなくなった間に、米国やオーストラリアで「外国産WAGYU」が生まれ、シンガポール、香港、タイなど東南アジア諸国の高級レストランなどで提供される肉の多くはオーストラリア産に置き換わった。今や、海外で「WAGYU」と言えば、「日本産牛肉ではなく、高級牛肉の代名詞」なのだ。

大手食肉卸ミート・コンパニオン(本社・東京都立川市)の植村光一郎常務は、オーストラリア産WAGYUについて、「霜降りについては和牛にかなり近づいてきている」と話す。和牛の肉質は▽霜降り、▽肉の色沢、▽肉の締まり・キメ、▽脂肪の色沢・質――の4項目について、各5段階(かなり良いの5から劣るの1まで)で評価しているが、最も重要なのは霜降りの度合い。「和牛を100とすると、オーストラリア産WAGYUは50くらい。しかし、50を超えたというのは大変なことだ」とその向上ぶりに驚く。

日本政府は2013年以降、和牛の輸出促進に取り組んでいる。世界各地でセミナーや試食会などを開催。原産国として“ジャパン・ブランド”を示す和牛統一マークを策定するなど売り込みに懸命だ。しかし肉質でそれほど見劣りしない上、価格も半額程度のオーストラリア産WAGYUから市場を奪い返すのは容易ではない。

  • [2015.08.27]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告