[ニュース]「変なホテル」、首都圏に登場=恐竜ロボがお出迎え−HIS
[2017.03.16] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | العربية | Русский |

エイチ・アイ・エス(HIS)は15日、恐竜型ロボットがフロントで宿泊客を出迎える「変なホテル舞浜 東京ベイ」を千葉県浦安市にオープンした。国内2カ所目で、首都圏での開業は初めて。東京ディズニーランド観光を楽しむ家族連れや訪日外国人らの利用を見込む。

さまざまなロボットが働く「変なホテル舞浜 東京ベイ」のフロント。音声入力やタブレット端末などでチェックインできる=3月15日、千葉県浦安市(時事)

客室数は100室で、最大4人まで宿泊できる部屋などを用意。宿泊料は大人2人で1室1万4000円から。

フロントで接客する2体の恐竜ロボットは日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応。宿泊客はタブレット端末などを使ってチェックインする。客室内では、卵形のロボットに話し掛け、空調、照明を調整する。清掃作業でもロボットを活用する。「変なホテル」は2015年、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」で1号施設が開業した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.03.16]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告