[ニュース]スズキ、水素スクーターが公道に=日本初、社員通勤などに18台
[2017.03.22] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية | Русский |

スズキは21日、水素で走るスクーター18台が公道走行を始めたと発表した。燃料電池二輪車の公道走行は日本初という。スズキ社員らが同日から神奈川、静岡、福岡の各県で通勤などに使用。2019年3月まで性能や使い勝手を確認し、市販の可能性を探る。

水素スクーターの名称は「バーグマン フューエルセル」。市販しているスクーターに燃料電池システムと水素タンクを搭載した。圧縮水素でタンクをいっぱいにすると、時速60キロで120キロ走れ、満タンにするのにかかる水素燃料代は400円程度という。燃料電池は、スズキが英国企業と設立した合弁会社が製造した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

スズキが東京都主催の水素エネルギーシンポジウムに展示した水素スクーターのカットモデル=2015年2月、東京都庁(写真=ニッポンドットコム)

  • [2017.03.22]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告