[ニュース]東京ディズニーランド改装=開業後最大、20年に新施設
[2017.04.05] 他の言語で読む : ENGLISH | العربية | Русский |

オリエンタルランドは5日、運営するテーマパーク「東京ディズニーランド」(千葉県浦安市)の大規模な改装に乗り出した。ゴーカートタイプのアトラクションなど一部施設を閉鎖し、新たにディズニー映画「美女と野獣」をテーマとする大型施設やレストランを整備。2020年春のオープンを予定している。

「東京ディズニーランド」大規模改装の起工式で、記念撮影する(右から)オリエンタルランドの上西京一郎社長、加賀見俊夫会長ら=2017年4月5日、千葉県浦安市(時事)

1983年の開業以来、最大規模の改装で、投資額は約750億円。上西京一郎社長は5日朝に行った起工式で、「世界唯一の魅力に満ちあふれた場所を目指し、たくさんの夢や感動、笑顔を生み出し続ける」と強調した。

映画「ベイマックス」をモチーフにした乗り物型のアトラクションや屋内ライブシアター、ポップコーン専門店なども新たに設置し、総開発面積は約4万7000平方メートル。オリエンタルランドは隣接する東京ディズニーシーでも、180億円規模の資金を投じ、新アトラクション建設を進めている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.04.05]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告