[ニュース]AIIBと協調融資強化=米の貢献期待−アジア開銀総会閉幕
[2017.05.08] 他の言語で読む : ENGLISH |

4日から横浜市で開かれていたアジア開発銀行(ADB)の年次総会が7日、閉幕した。中尾武彦総裁は最終討議で、気候変動や教育、保健など幅広い分野への支援を重視する方針を説明。膨大なインフラ需要に対応するため、「(中国主導の)アジアインフラ投資銀行(AIIB)を含め、民間や2国間、多国間のパートナーと協調融資の取り組みを強化する」と表明した。

議長を務めた麻生太郎財務相は「今後も地域の経済開発で中心的な役割を果たしてほしい」と語り、経済性や環境面に配慮した質の高いインフラ事業などへのADBの支援に期待感を示した。

閉幕後の記者会見で、中尾総裁は中国が提唱する一帯一路構想に「良いプロジェクトがあれば協力する余地はある」と理解を示した。トランプ政権の誕生で国際機関と距離を置く米国に関しては、「引き続きアジア太平洋地域(の発展)に積極的に貢献することを期待する」と述べた。 

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.05.08]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告