[ニュース]国の借金1071兆円=1人当たり845万円−16年度末
[2017.05.11] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

財務省は10日、国債と借入金などの残高を合わせた「国の借金」が2016年度末に1071兆5594億円になったと発表した。昨年12月末に比べ5兆1360億円、前年度末に比べて22兆1933億円それぞれ増加し、過去最高を更新した。社会保障費が増加する一方、税収の伸びが落ち込み国債発行が増えた。今年4月1日時点の推計人口(1億2679万人)で割ると、国民1人当たりの借金は約845万円となる。

国の借金は、国債、借入金、政府短期証券の残高合計額。このうち、普通国債の残高は前年度末比約25兆円増の830兆5733億円で、17年度末には865兆円に膨らむ見通し。将来の国民負担に直結する国の長期債務残高は16年度末で858兆7000億円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.05.11]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告