[ニュース]外国客数、世界15位=海外旅行者4年ぶり増-観光白書
[2017.05.30] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

政府は30日の閣議で、2017年版観光白書を決定した。16年の訪日外国人旅行者数は前年比21.8%増の2404万人となり、受け入れ数は世界15位に相当することを紹介。全国10ブロック別の外国人延べ宿泊者数は中部地方を除く全てで伸びており、特に四国地方は台湾、香港からの旅行者増で、46.0%増加した。

一方、日本人の海外旅行者数は1712万人で、4年ぶりに増加に転じた。国民1人当たりの国内旅行回数は2.9%増の1.39回で、宿泊数は0.4%増の2.28泊だった。移動手段は列車が増加し、車の利用が減少。若者の車離れが影響したと分析している。

この日の閣議では、17年版交通政策白書も決定した。20年東京五輪・パラリンピックの開催を踏まえ、交通分野のバリアフリー状況を特集。視覚障害者の転落事故を受けて鉄道駅ホームの落下防止対策が進んでいることを紹介したほか、乗り場に係員を配置するなど人的対応へのニーズも強いと指摘した

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.05.30]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告