[ニュース]電動スクーターのシェア実験=石垣島で、CO2削減狙う-住友商事
[2017.09.30] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

住友商事は28日、沖縄県石垣市と共同で、走行時に二酸化炭素(CO)を排出しない電動スクーターのシェアサービスの実証実験を今年度中に石垣島で始めると発表した。観光客急増に伴って増えているレンタカーによるCO排出を、スクーターの利用で削減し、観光振興と自然環境の保全を両立させるのが狙い。

台湾のゴゴロ社が開発したバッテリー交換式の電動スクーターと充電ステーションを利用する。導入するスクーターの種類や台数、利用料金などは今後詰める。

島内4カ所に設置する充電ステーションは、災害時の防災拠点への緊急電力供給にも活用する予定。このうち一部には太陽光パネルを設置し、再生可能エネルギーの利用も進める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.09.30]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告