[ニュース]米、FTAに強い関心=日本はTPPの意義強調−経済対話
[2017.10.17] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

【ワシントン時事】日米の経済関係の強化について議論する日米経済対話の第2回会合が16日午後(日本時間17日未明)、米ワシントンで開かれ、それぞれの代表を務める麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領が会談した。日本政府同行筋によると、ペンス氏から日米自由貿易協定(FTA)の交渉開始に強い関心が示された。

ペンス氏はFTA交渉について、4月の初会合後の記者会見でも言及したが、会合の中で考えを示したのは初めてという。貿易赤字削減を重視するトランプ大統領が11月に来日するのをにらみ、米側がFTA交渉に関して具体的な要求を強めてくる可能性がある。

日本は貿易に関して、麻生副総理が環太平洋連携協定(TPP)の意義を説明した。米国のTPP復帰を求める日本は、FTA交渉入りに慎重な立場で、日米がアジア太平洋地域の貿易・投資に関するルールづくりを主導する観点から協議を進めたい考えだ。

会合後に発表した成果文書はFTAには触れず、米国の液化天然ガス(LNG)輸出やインフラ整備などの分野で経済協力を強化することを盛り込んだ。日本が発動した米国産を含む冷凍牛肉に対する緊急輸入制限(セーフガード)への対応は結論が出ず、継続協議していく方針を確認した。

会合では冒頭、麻生、ペンス両氏が、北朝鮮情勢の緊迫化を受けて、日米同盟の重要性が増していることを強調。ペンス氏が「経済対話が日米2国間の経済的結び付きを深めると確信している」と述べると、麻生氏も「経済対話を推進し、2国間の経済関係を大きく飛躍させる」と応じた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.10.17]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告