[ニュース]ソニーなど4社が最高益=電機大手、海外好調-9月中間決算
[2017.11.04] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

経営再建中の東芝を除く、電機大手7社の2017年9月中間連結決算が出そろった。海外事業の好調などを背景に、本業のもうけを示す営業利益は全社が増益。ソニーなど4社が過去最高の純利益を記録した。

ソニーの営業利益は20年ぶりに過去最高を更新。ゲーム、音楽事業が伸びたほか、前年に熊本地震で工場が被害を受けた半導体事業が急回復した。

パナソニックは車載機器や電子部品が成長。記者会見した津賀一宏社長は「車載事業は急拡大する局面に入った」と今後のビジネス展開に自信を示した。

日立製作所は自動車関連や建設機械の販売が好調で、海外事業の売上高が国内を上回った。シャープは中国や欧州で液晶テレビの販売が伸び、3年ぶりに純損益が黒字に転換。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建が進んでいる。

富士通は円安効果や資産売却で純利益が過去最高に達し、NECは日本航空電子工業の子会社化に伴い増収増益となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.11.04]
この記事につけられたタグ:
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告