[ニュース]北方領土交渉「着実に前進を」=経済協力合意を確認−日ロ首脳
[2016.11.21] 他の言語で読む : ENGLISH | Русский |

【リマ時事】安倍晋三首相は19日夕(日本時間20日朝)、ペルーの首都リマのホテルでロシアのプーチン大統領と70分間会談し、山口県長門市で12月15日に予定する首脳会談へ詰めの協議を行った。会談後、首相は北方領土問題を含む平和条約締結交渉について「解決に向けて道筋が見えてはきているが、そう簡単ではない。着実に一歩一歩前進していきたい」と記者団に語った。

会談の前半35分間は、ロシア経済分野協力担当相を兼ねる世耕弘成経済産業相らとラブロフ外相、ガルシカ極東発展相らが同席。後半の35分間は、首脳2人がそれぞれ通訳だけを伴い行った。

首相は会談で平和条約交渉について、「(9月に会談してから)この2カ月半の間、私もさらに考えを深めてきた。しっかりと前進させたい」と表明。この後、記者団に「二人きりで平和条約について腹蔵のない意見交換ができた。しっかり話ができたことは意義がある」と強調した。ただ、具体的な中身は一切明らかにしなかった。

両首脳は、日ロ両政府が今月18日に開催した次官級会合で、医療、都市整備、エネルギーなど8項目の経済・民生協力プランの作業計画について合意したことを踏まえ、これらの着実な実施を目指す方針で一致した。

12月15日の会談は領土問題に関する協議がヤマ場を迎える。今回の会談では、翌16日に経済界も交え、日ロ協力全般について話し合う拡大会合を東京都内で開くことを決めた。

山口会談の地ならしとして、岸田文雄外相が訪ロし、ラブロフ氏と会談することも確認。訪ロは同3日になる見通しだ。

タス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は19日、プーチン氏が会談で「6カ月間の貿易が前年同期比で36%減少した」と指摘したと明らかにした。原因については「第三国の政治的な措置によってもたらされた」と述べたという。米国がウクライナ問題をめぐる対ロ制裁などで、日本に圧力をかけたためだとの認識を示唆したとみられる。

また、ペスコフ氏は、岸田氏の訪ロについて、「(山口会談に向け)話さなければならない問題はまだ多くある」と指摘した。

両首脳の会談は、第1次安倍政権時代を含め今回で15回目となり、今年だけでも3回目。プーチン氏の来日前としては最後の顔合わせとなった。

日ロ政府、8項目協力で作業計画=観光振興へビザ緩和

日本とロシア両政府は18日午後(日本時間19日午前)、ペルーの首都リマで日ロ協力に関する次官級会合を開き、安倍晋三首相が提案した8項目の経済・民生協力プランの作業計画を取りまとめ、公表した。計画には、医療分野で両国の医師、患者らを相互派遣する仕組みの創設や、観光振興に向けた日ロのビザ(査証)緩和措置の導入を明記。ロシアの都市環境整備に向けた試験事業の対象拡大も検討する。12月中旬のプーチン大統領訪日に向け、同プランの具体化作業を加速させることで一致した。

次官級会合は、経済産業省の片瀬裕文経産審議官とロシア経済発展省のボスクレセンスキー次官が行った。ロシア経済協力を担当する世耕弘成経産相も同席し、「日ロ首脳会談に向け、力を合わせて作業を加速させる」と語った。

作業計画はリマで19日夕(日本時間20日朝)に開かれる安倍首相とプーチン大統領との日ロ首脳会談に報告される。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2016.11.21]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告