[ニュース]共同経済活動「特別な制度で」=日ロ首脳、山口で会談-北方領土打開へ議論
[2016.12.16] 他の言語で読む : ENGLISH |

安倍晋三首相は15日夜、ロシアのプーチン大統領と山口県長門市の温泉旅館で夕食を含めて約5時間会談した。日ロ間の懸案である北方領土問題を含む平和条約締結交渉の打開に向け、北方四島での共同経済活動を「特別な制度の下」(首相)で実施することなどを議論した。ロシア高官は共同経済活動の実現へ協議開始で合意し、16日に共同文書を発表する方向だと明らかにした。

会談は少人数会合を約1時間20分、平和条約交渉を中心に通訳だけを交えた1対1の会談を95分間、続いて日ロの経済閣僚らも加えた夕食会を約2時間行った。

首相はプーチン氏との2人だけの会談後、記者団に「元島民の故郷への自由訪問、4島での日ロ両国の特別な制度の下での共同経済活動、平和条約について率直かつ非常に突っ込んだ議論を行った」と述べた。会談の結果は16日の東京での首脳会談後の共同記者会見で報告するとした。

ロシア高官は共同経済活動について、「条件、態様、分野をめぐる協議開始を両国外務省などに指示することになる」と記者団に説明。4島を対象とし、ロシアの法律に基づいて行うとも述べた。ただ、日本はロシア側が主権を行使する形での実施は認められないとの立場。日本政府高官は15日夜、「4島を実効支配しているロシアはそう言わざるを得ない」と指摘。両首脳は、双方の主権を棚上げした形での共同経済活動の実施を模索したとみられる。

プーチン氏は15日午後、大統領特別機で山口県入りした。大統領としての来日は2005年以来で4回目。首相の地元の長門市へ移動し、両氏の間で通算16回目となる首脳会談に臨んだ。日本到着が予定より3時間近く遅れたことに伴い、会談開始もずれ込んだ。

会談の冒頭、首相は「大統領の11年ぶりの訪日を、私のふるさとである長門市でお迎えできてうれしい」と歓迎。プーチン氏は「きょうとあすの首脳会談は、日ロ関係の前進に大きく貢献すると期待している」と応じた。

ロシア側によると、安全保障協力では外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の再開で一致した。2プラス2は、13年11月に初めて開催したが、ロシアのクリミア編入で中断していた。首相は記者団に「国際的な課題についてロシアが建設的な役割を果たすことの重要性を確認した」と説明。北朝鮮やシリア情勢などについても意見を交わした。

また、人的往来を活発化するため、北方領土への査証(ビザ)なし交流の拡大や、ロシア国民に対する日本のビザ発給要件緩和なども協議した。

両首脳は16日に東京で首脳会談と共同記者会見を行い、8項目の経済協力プランのほか、十数本の成果文書を発表する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

バナー写真:ロシアのウラジミール・プーチン大統領を出迎える安倍晋三首相。右は、昭惠夫人、15日午後、山口県長門市〔代表撮影〕(時事)

  • [2016.12.16]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告