[ニュース]対日貿易赤字に不満=南シナ海人工島で中国非難−偉大な米国、鮮明に・次期米大統領
[2017.01.12] 他の言語で読む : ENGLISH |

【ニューヨーク時事】トランプ次期米大統領は11日、ニューヨークで、昨年11月の大統領選後初めて記者会見した。トランプ氏は日本に対する米国の貿易赤字に不満を表明し、貿易不均衡の是正を重要課題に掲げた。南シナ海で中国が造成した人工島を「要塞(ようさい)」と呼んで非難。日本をはじめ世界各国が米国を尊敬するようになると主張し、公約通り「偉大な米国」を目指す姿勢を鮮明にした。

トランプ氏は会見で「米国は中国や日本、メキシコ、全ての国に巨額の貿易赤字を負っている」と述べた。「米国はもはや(日本などと)良い取引をできていない」との見方も示し、通商面などで「米国第一」の対外政策を推進する方針を明確にした。

一方、南シナ海で造成した人工島の軍事拠点化を進める中国については「経済的にも、南シナ海での巨大な要塞建設によっても、われわれに完全に付け込んでいる」と語った。こうした現状認識を受け、自身の政権では日本やロシア、中国など「全ての国が過去の(米)政権より、はるかにわれわれを尊敬するようになる」と、威信回復を誓った。

大統領選を狙ったサイバー攻撃についてはロシアの仕業と認めた。ただ、サイバー攻撃を指示したとされるプーチン大統領に対しては「もう(サイバー攻撃を)やらないだろう」という見通しを表明。過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで「ロシアはわれわれを支援できる」とも期待した。

不法移民対策として目玉公約としてきたメキシコ国境への壁建設は、早期に実現する意向を明らかにした。壁の建設費用はメキシコが負担すると主張してきた通り、その交渉も就任後直ちに始めると約束した。

優先課題とする雇用については過去最大の雇用を創出すると宣言した。経営してきた不動産開発会社の事業と大統領職に「利益相反はない」と断言。オバマ政権の主要実績である医療保険制度改革法(オバマケア)は「完全な大失敗だ」として、撤廃して置き換える政策を確認した。

トヨタ社長、次期米副大統領と会談

トヨタ自動車の豊田章男社長が訪問先の米国で10日にペンス次期米副大統領と会談したことが11日、分かった。トヨタが「米国社会の良き企業市民」として、今後も米経済の発展に貢献していく方針を伝えたもようだ。

トランプ次期米大統領から批判を受けたメキシコでの工場新設についても、米国の雇用を減らすわけではないことを説明し、新設計画を進める方針への理解を求めたとみられる。

豊田社長は米デトロイトで9日に開幕した北米国際自動車ショーで、今後5年間で米国に100億ドル(約1兆1600億円)を投資する考えを明らかにしていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.01.12]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告