[ニュース]アジア安保、米と緊密連携=トランプ氏と早期に会談-安倍首相内外会見
[2017.01.17] 他の言語で読む : ENGLISH |

【ハノイ時事】アジア大洋州歴訪中の安倍晋三首相は16日夜(日本時間同)、最後の訪問先であるハノイで内外記者会見に臨んだ。首相は地域の平和と安全の維持に関し、今回訪問したフィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナム4カ国首脳との会談で「引き続き米国と緊密に連携することで一致した」と総括。トランプ次期米大統領と20日の就任後、できるだけ早期に首脳会談を行いたいとの意向を表明した。

首相は、中国による東・南シナ海進出の動きを念頭に、「地域の平和と繁栄は、自由で開かれた海を守り、育んでいくことにかかっていく」と指摘。「日米同盟という強固な基盤の上に、アジアから環太平洋地域、さらにインド洋へと至る地域の平和と繁栄を確固たるものとする」と訴えた。

発効が絶望視される環太平洋連携協定(TPP)については、早期発効への取り組みをなお継続する方針を強調。TPPに盛り込まれた基本原則をアジア広域の域内包括的経済連携(RCEP)に反映させていきたいとの考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

  • [2017.01.17]
関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告